withはサクラ「ゼロ」!サクラと業者の違いを知って危険回避の知識を身に着けよう

「withにはサクラとか業者がいる!お金を払ったのに騙された!出会えない!」

ごく少数ではありますが、一部のwith利用者の中にはこんなことを言う人がいます。

でも、一度よく考えてみるとwithにサクラがいるわけないですし、業者だって自分で少し気をつけるだけで簡単に回避することが出来ます。

今回は、なぜwithにサクラはいないのか?サクラと業者の違いは?業者や悪質ユーザーに騙されない方法など、withを安心して使うための知識や方法などを紹介します。

サクラはゼロだけど業者はいる!サクラと業者の違いとは?

withはサクラが存在しないことを説明する前に、出会い系アプリやマッチングアプリに出没するサクラ・業者の違いについて理解していただこうと思います。

▽『サクラ』ってなに?▽
お店が雇った”客のフリ”をする人たちのことで、出会い系アプリでの役割は【魅力的な異性を装い、会員に『1通○○円のメッセージ』をたくさん送らせる】こと。
▼『業者』ってなに?▼
出会いを求める通常のユーザーと違い、主にお金儲けをしようとしているユーザーのこと。ビジネスとしてやっている為「業者」と呼ばれる。

正規ユーザーにとってはどちらも悪の存在ではありますが

サクラは運営に雇われている

業者は運営に雇われていない

という大きな違いがあります。

運営に雇われる存在であるサクラはwithに存在しません。しかし、運営に雇われていない個人の利益を追求する業者という存在はwithに存在します。

業者は個人で活動し、あくまで1人のユーザーとしてwithに入り込むので、減らすことは出来ても完全に排除するのは難しいです。なので、被害を受けないためにも、ある程度自己防衛をする必要があります。

その業者に対して、withにはサクラは存在しません。

バレなければ運営に利益しかもたらさないサクラが存在しない理由とは一体なんでしょうか?

もっと詳しく解説していきます。

withはサクラ「0」その理由とは?

出会い系アプリには、ユーザーに課金を促すための「サクラ」と呼ばれる、悪質な雇われユーザーが存在し、マッチングアプリ「with」にも同じような輩がたくさんいると思っている人は多いです。

しかし、withにはそのサクラはいません。

「0(ゼロ)」です。

いくつか理由があるので、解説していきます。

withにサクラがいない理由その1.徹底した管理体制

まずは、withが安心安全に使えるマッチングアプリであるとして、運営が提示している6つの理由を見てみましょう。

withが安心安全に使える理由
・上場企業の「イグニスグループ」が運営している
・本名は表示されない
・Facebookの友達には見つからない
・不正なユーザーは利用停止する
・メッセージの交換には年齢確認が必要
・365日24時間の厳重な監視体制

免許証などによる年齢確認の徹底により審査、運営による厳重な監視体制、不正ユーザーの利用停止措置など、不正ユーザーが蔓延しないよう、運営による徹底した管理体制が敷かれているので、不正ユーザーが入りづらく、いたとしてもすぐに処理されます。

これだけしっかりした監視体制が敷かれているのであれば、多少業者が紛れ込んでいても、すぐに退会処置などが取られるでしょう。

また、悪質ユーザーに対してしっかりした措置を取っている状態で、果たして運営がサクラを仕込むでしょうか?また、運営は上場企業であり、仮にサクラという不正がバレた時、最悪の場合上場廃止という措置も取られるかもしれません。

そのリスクを背負ってサクラを仕込む必要があるでしょうか?また、withの利用者は数あるマッチングアプリでもトップクラスを誇り、非常に人気の高いアプリであるのもサクラが存在しない理由です。

withにサクラが存在しない理由その2.トップクラスの人気を誇りユーザー数も多い

数あるマッチングアプリの中で、withはトップクラスの人気を誇っており、アクティブユーザー数も非常に多いです。※詳しくは下記の記事をご覧ください。

すでに人気も高く、ユーザー数も多いwithにおいて、果たしてサクラを用意する必要があるでしょうか?

仮に用意したとして、「サクラや業者に気をつけて!」という記事がネット上に無数に存在し、ユーザーもその存在を認識し注意している状況では、効果はたかが知れています。

また、サクラという存在は、「withがサクラを雇っている」というサービスに致命的な打撃を与える情報を握ることになります。クリーンな運営を歌っているのに、いつ爆発するかわからない爆弾を果たして運営が作り出すでしょうか?

サービス開始当初ならまだしも、withが人気マッチングアプリになった現状で、サクラを用意する必要は全くありませんね。

withの料金形態もサクラの必要性を否定しています。

withにサクラが存在しない理由その3.月額定額の料金形態

withでメッセージのやり取りをするためには月額定額の料金プランに加入する必要があります。

ここで一度思い出して頂きたいのですが、サクラは正規ユーザーにお金を使わせることを一つの目的としています。しかし、この定額制のプランでは出来ないのです。一度加入してしまえばメッセージのやり取りに制限はないです。

ですので、どんなにサクラが頑張っても1人のユーザーから得られる金額は変わりません。

「定額制に加入させてしまえばお金取れるじゃん!」とおもうかもしれませんが、加入させてすぐにメッセージのやり取りを終わらせてしまった場合、「プラン契約したのにすぐにメッセージ来なくなった!サクラだ!」という悪い噂だけが拡散してしまうでしょう。

ユーザーが離れ、更に悪評が出回り、今後のサービスに支障が出る可能性がある。しかし、そこまでお金は得られないのであれば、サクラを用意する必要は全くありませんね。

 

以上がwithにサクラはいない。「0(ゼロ)」であるという理由です。

withにサクラがいないことを十分に理解出来ていただけたのではないでしょうか?

ただ、サクラはいなくても業者は存在します。今度はその業者の見分け方や対策方法を紹介していきます。

業者を見分けるポイント

業者はあくまで1人のユーザーとしてwith内に入り込みます。

他のユーザーに悪いことをしなければ、退会処置を適用されることもないので、最初の被害者があなた自身になることは十分考えられます。

業者の被害に合わないためにも、まずは業者の特徴、見分けるポイントを知っておきましょう。

■業者を見分けるポイント■
・美男美女
・金持ちアピールがすごい
・パーティーや大人数で遊んでいる写真が多い
・プロフィール写真が1枚しかない
・水着写真など過度な露出が多い
・プロフィールの内容が薄い
・すぐにLINEIDを聞いてくる
・いきなり長文のメッセージを送ってくる
・メッセージが噛み合わない
・外部サイトに誘導してくる

1.美男美女

芸能人やモデル並みの美男美女には注意が必要です。基本的に容姿が良い人はモテます。まして芸能人並であるならば、マッチングアプリを使う必要はないはずです。

そんな人がいいねを送ってきたら注意しましょう。見た目であなたを釣ろうとしている業者の可能性が非常に高いです。

2.金持ちアピールがすごい

これも容姿と一緒で、お金がある人は基本的に出会いには困っていないでしょう。

また、良い人と巡り会いたいと思っているならば、お金目的寄ってくる人は嫌うはずです。

ということで、高級車、ブランドもの、高級時計など、お金持ちアピールをしているユーザーはそれを餌にあなたを騙そうとしている業者だと思っていいでしょう。

3.パーティーや大人数で遊んでいる写真が多い

パーティーをしていたり、大人数で遊んでいる写真が多いユーザーは非常に危険です。

それだけの人脈がありながら、なぜマッチングアプリで出会おうとしているのでしょうか?その人脈を生かして出会いを探すべきですよね。

大人になってから年齢も職業もバラバラな人たちがパーティーに参加したり、大人数で遊ぶということは非常に珍しく、ちょっと変わってると思っていいです。

高確率でネットワークビジネス、ネズミ講なので、十分に注意してください。

4.プロフィール写真が1枚しかない

業者は他人の写真を利用して、架空の人物を作り上げます。他人の写真を複数用意することは難しいので、プロフィール写真が1枚しかないことが多いです。

用意出来たとしても、SNSから無断転載しているだけなので、画像検索したらすぐにわかるので、なんか変だなと感じたら一度やってみてください。

5.プロフィールの内容が薄い

業者は、プロフィールの内容が薄いことが多いです。

架空の人物を作りあげると言ってもそこまで設定を練ってくるわけではないですし、本気の出会いを望んでいませんから、必然的にプロフィールの内容が薄くなるのです。

元々プロフィール内容が薄い人もいますが、業者を避ける目的でも、そういったユーザーにはコンタクトを取らないようにしましょう。

6.すぐにLINEIDを聞いてくる

すぐにLINEIDを聞いてくるのは常識に欠けています。それを平気でやってくるユーザーは業者かヤリ目なので、関わらないようにしましょう。

7.いきなり長文のメッセージを送ってくる

業者にとって、相手とのメッセージのやり取りは時間の無駄でしかありません。

それよりもテンプレートの長文を送って、とにかく会う約束や目的のサービスに誘導したいと考えています。

いきなりテンプレートっぽい長文を送ってくるユーザーには十分注意しましょう。

8.メッセージが噛み合わない

業者は、自らの勧誘に引っかかってくれそうなユーザーを探しています。そのためとにかくたくさんの人にアプローチをするので、メッセージのやり取りが噛み合わなかったりすることが多々あります。

いまいちメッセージ噛み合わないと思ったら業者だと思っていいかもしれません。

9.外部サイトに誘導してくる

「こっちのほうがメッセージのやり取りしやすいから」

「ここに有益な情報があるから、一回見てみて」

など、with以外の外部サイトに誘導してくる人は間違いなく業者です。

業者の非常にわかりやすい手であり、他のサイトやサービスに誘導することが業者の目的なので、絶対に誘いに乗らないようにしましょう。

最近の業者は進化している

業者を見分けるポイントを紹介してきましたが、最近の業者は進化していて手間を惜しまないパターンもあるようです。

「今まで全然業者っぽくなかったから・・・」といって安心してはいけません。

それまで業者だと見破ることが出来ていなくても、外部サイトへの誘導やサービスの勧誘が来たら、それ以上連絡を取らないようにしましょう。

大切なのは誘いに乗らないことです。

業者以外にもいる悪質ユーザーには気をつけよう

業者以外にもヤリ目や既婚者でありながら出会いを求めたりなど、マッチングアプリには危険な悪質ユーザーが潜んでいます。

最低限の注意として

・すぐにLINE IDを聞いてくる人は信用しない
・すぐに会おうとしてくる人は信用しない
・相手が指定する日時・場所では会わない
・終電間際までデートしない

など、悪質ユーザーにひっかからないようにしましょう。

業者や悪質ユーザーに騙されない対策方法

業者や悪質ユーザーの被害に遭わないための対策方法を紹介します。上記ですでに述べている内容といくつかかぶりますが、これをやっておけば基本的に被害に遭うことはないでしょう。

対策方法その1.相手のプロフィールや写真をしっかり読む

業者の特徴をすでに述べていますが、プロフィールをしっかり見ることでわかることは非常に多いです。ヤリ目な人も同様です。

プロフィールをしっかり読むことで事前に回避できることは多いので、まずは相手のプロフィールをしっかり見ておきましょう。

対策方法その2.すぐに連絡先を交換しない

業者や悪質ユーザーは複数のユーザーと同時にやり取りをして、簡単に引っかかりそうな人を探しています。

ガードが堅い人だと思われれば、自然と諦めてくれるでしょう。相手が連絡先の交換を求めてきても簡単には応じないようにするといいでしょう。

対策方法その3.時間をかける

メッセージのやり取りをしっかりこなしたり、すぐにデートをせず時間をかけることで業者や悪質ユーザーからの被害を回避できます。

まずはガードが堅いと思われるので、この時点で諦める人がいます。更に、業者や悪質ユーザーが退会処置を受けていつの間にかいなくなっていることもあります。

ある程度時間をかけることで、相手がどんな人が会う前に知ることも出来るので、焦らずやり取りしていきましょう。ただし、かけ過ぎると相手がちゃんとした人の場合でも飽きられてしまうので、かけ過ぎには注意です。2週間から1ヶ月くらいを目安にするといいでしょう。

対策方法その4.デートの時間や場所は相手の言いなりにならない

相手の言いなりになってデートの時間や場所を決めてしまうと、仲間を呼ばれて複数の人間から勧誘を受けたり、流れでホテルに連れ込まれてしまうことがあります。

自分の希望をしっかり伝えて、終電間際にならない、お酒を飲むならほどほどにする、など注意しましょう。

最初のデートは「場所をしっかり吟味したうえで、お昼にカフェでお茶をする」にしておくと安心かもしれません。

業者と間違われやすいユーザーの特徴

サクラはいない。

業者はしっかりした監視体制で少ない。

はずなのに、業者やサクラと出会ったという報告は後を絶ちません。しかも、実際に勧誘されたか?というとそうではないようです。

実は、withには業者と間違われやすいユーザーが多数存在しています。

ということで、そこもしっかり知っておきましょう。

●業者と間違われやすいユーザーの特徴
・マッチング後メッセージが返って来ない
・メッセージの内容が塩
・突然メッセージが来なくなる

こうしたユーザーが「業者だ!サクラだ!」と言われているケースが非常に多いです。

しかし、こうした特徴を持っているユーザーさんが、実は「いいねされたからいいね返しただけ」だったとしたら全て納得いきませんか?

なんかマッチングしちゃって、メッセージも来たけど興味がないから無視

メッセージを返したものの、興味がないから塩対応

とりあえずやり取りしてみたのの、他にいい人が出来たから途中で無視

可能性としては全然ありますよね。というか頻繁にあると思います。ですので、こうした人がいるということはしっかり頭に入れておきましょう。

まとめ

今回はサクラと業者の違いや見分け方、withにはサクラがいないことなどを解説してきました。

withは、相性診断などを利用した相性重視のマッチングで、ユーザーを飽きさせない素晴らしいマッチングアプリです。

人気もあり、ユーザー数も多いですが、その分業者や悪質ユーザーも常に獲物を探しています。

最終的に自分の身を守ることが出来るのは自分自身なので、サービス内容がしっかりしていても過度に安心せず、慎重に出会いを探してください。

そうした姿勢でwithを利用することで、誠実な人との良い出会いを見つけられるかもしれません。

 

with以外のマッチングアプリも使ってみたい、withが自分に合っていないと感じたら、こちらの記事を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました