マッチングアプリで出会った相手と3回目のデートは告白の絶好のタイミング

マッチングアプリで出会った相手と初めてのデート。2回目のデート。

それぞれのデートに意味があり、回数を重ねるごとに相手の性格や自分との相性などいろいろなことがわかってきます。

そして、3回目のデートは大きな節目となる重要なポイントです。

今回はマッチングアプリで出会った相手との3回目のデートが持つ意味や成功させるポイント、注意するべきポイントなどを紹介していきます。

マッチングアプリで出会った相手との3回目のデートが持つ意味

マッチングアプリで出会った相手との3回目のデートは大きな節目になる可能性が非常に高いです。

というのも、一般的にマッチングアプリで出会った相手と恋人関係になるのにちょうど良いとされているのが3回目のデートだからです。これには1回目と2回目のデートがどういう意味を持っているのかも関わってきます。

マッチングアプリにおけるそれぞれのデートが持つ意味
1回目・・・マッチングした相手との初対面。相手の話し方、雰囲気、見た目など、どんな人なのか確認する
2回目・・・1回目よりも踏み込んだデート。話が合うか?好みが合うか?など自分と相手の相性を確認する
3回目・・・大きな節目となるデート。好きでもない人と3回もデートする人はいません。これまでのデートで得たことの最終確認

マッチングアプリでの出会いは基本的に「彼女・彼氏または結婚相手」を探すという前提があります。そのため、リアルなデートに比べて1度のデートの重み、重要度が大きく、それぞれのデートに大きな意味があります。

また、たくさんのユーザーの中から相手を選べる、複数の人とマッチングして同時進行も出来るという状況もあり「この人はナシ」と感じれば、無駄な時間を割くことは少なく、連絡が途絶えたり、2回目以降のデートは容赦なくナシになる。というのが当たり前のようにあります。

つまり、3回デートしてるという時点で「あなたに少なからず好意があります」と相手から言われているようなものなのです。

1回目のデートでどんな相手なのか確認、2回目のデートでは自分との相性、3回目のデートでは「本当にこの人で良いのか?」という答え合わせをされているのですから、ここで一歩を踏み出せなければ、相手も「あれ?」と違和感を持つ可能性だってあります。

もし3回目のデートの約束をしているのであれば告白をする準備or告白される準備をしなければなりません。

逆に相手との可能性がないのであれば、誘われたとしても3回目以降のデートは断るのが優しさだと言えるでしょう。

3回目のデートを成功させる5つのポイント

マッチングアプリにおける3回目のデートが持つ意味を知ったあなたは、きっと告白を決意していると思います。

そんな重要な3回目のデートを成功させる◯つのポイントについて紹介していきます。

3回目のデートを成功させる5つのポイント
・1日デートorディナーデートをする
・相手の行きたいところに行く
・告白は夜景がキレイな場所や公園など、2人で静かに話せる場所で
・告白のタイミングは絶対にデート終盤
・告白の言葉はストレートに

一つ一つ詳しく見ていきましょう。

1日デートorディナーデートをする

3回目のデートは告白することをイメージして、計画を立てたほうが良いです。

告白するのであれば、やっぱり雰囲気作りは重要。したがって自然と夜まで一緒にいることが出来る1日デートorディナーデートがおすすめです。

仮に告白しない、されなかったとしても、マンネリ化を防ぐために1・2回目よりも長く、食事だけではないデートをしたほうが良いです。

例えば日帰り旅行で遠出してもいいですし、2人でショッピングを楽しみつつ映画を見てもいいでしょう。夜からのデートであれば、食事をした後に夜景を見に行ったり、オシャレなバーなど2軒目のお店に行くのもいいですね。

告白することを見据えつつ、マンネリ化を防ぐデートを計画しましょう。

相手の行きたいところに行く

3回目のデートを成功させるためには、相手に「この人と一緒にいると楽しいな」と感じてもらうことが一番です。そう感じてもらう一番の近道は、相手の好きな場所に行ったり、相手の好きな物を食べたりしてもらうことです。

自分の好きなことをしているのですから、楽しくないはずがありません。もしそれで楽しんでもらえなければ、縁がなかったと諦めてください。

おそらく、みなさん1回目のデートから相手の好みに合わせてデートスポットを決めているとは思いますが、3回目のデートでも基本を忘れず、相手の行きたいところに行くようにしてください。

3回目のデートですから、今までよりもたくさんの選択肢があるはず。もし相手が今まで一度も訪れたことがなく、なおかつ「絶対に楽しめる!」という場所を見つけることが出来れば、きっと素晴らしいデートになるでしょう。

告白は夜景がキレイな場所や公園など、2人で静かに話せる場所で

【3回目のデートでは告白をする】という前提での話ですが、告白するなら雰囲気が大事です。

家族連れで賑わっているフードコートで告白する人はいませんよね。

夜景がキレイな場所、二人っきりで静かに話すことの出来る夜の公園など、告白するならそれっぽい雰囲気に持っていける場所を選びましょう。

告白のタイミングは絶対にデート終盤

「今日は絶対に告白を成功させるぞ!」という気持ちはとっても大切ですが、焦りすぎてはいけません。

絶対に成功するという自信があっても、もしかすると「〇〇さんのことは好きなんですが、正式なお付き合いはもう少ししてから・・・」と断られてしまう可能性はあります。

デートの途中で告白して失敗してしまうと、その後の空気は非常に重たくなり、全然楽しくない地獄みたいな時間を過ごさなければならないかもしれません。

成功する自信があったとしても、告白のタイミングは絶対にデート終盤にしてください。

告白の言葉は素直な気持ちをストレートに

告白の言葉は素直な気持ちをストレートに伝えてください。

なんなら「〇〇さんのことが好きです。付き合ってください!」これで気持ちは十分伝わります。

ひねった言葉で格好つけたがる人がいますが、基本的に女性ウケはよくありません。最悪の場合引かれてしまうがあるかも・・・

好みの問題もあるとは思いますが、告白の言葉はストレートに相手に伝わりやすいものがおすすめです。

3回目のデートで注意すること、してはいけないこと

3回目のデートとなると、相手の方と会うのも慣れてきて、何が好きか何が嫌いかもだいたい理解出来ていると思います。

しかし、告白すると決断して気合の入ったあなたは、ついついやってはいけないNG行動をとってしまうかもしれません。

それを防ぐためにも、3回目のデートで注意すること、してはいけないことを紹介しておきます。

3回目のデートで注意すること、してはいけないこと
・気合を入れすぎて重すぎる行動を取ってしまう
・ムードを無視した告白をする
・家デートに誘う、ホテルに誘う

そんなに難しいことではないですが、一つずつ見ていきましょう。

気合を入れすぎて重すぎる行動を取ってしまう

告白すると決めて気合が入るのはわかりますが、その気合が空回りして重すぎる行動を取らないように気をつけましょう。

ありがちなのが【高価なプレゼントをしてしまう】とか【プロポーズをしてしまう】などです。

相手に気に入ってもらいたくて高価な指輪などのアクセサリー、ブランドのバックなどをプレゼントしたくなる気持ちはわかりますが、相手にとっては「え?こんな高価なものをいきなりもらっても困る・・・」と逆に重荷になってしまい、もっと好きになってもらうつもりが、逆に相手を不安にさせてしまうことがあります。

婚活マッチングアプリ利用者にあることなのですが、告白が【プロポーズ】になってしまうことです。いくら婚活が目的のマッチングアプリだったとしても、それは重すぎです。「結婚を前提に」ならいいかもしれませんが、いきなりプロポーズしないようにしましょう。

他にも、いきなり親に会ってほしいとか、同棲してほしいとか、重すぎる内容の行動や言動を3回目に取らないように注意してください。

ムードを無視した告白をする

先程告白する場所について触れてますが、ムードを無視した告白は絶対にやめてください。

夜景を2人で見ながらの告白は「これから告白されるんだろうな」と心の準備が出来ますが、ムード無視した場所で告白されて、咄嗟にOKした結果、後々不安になるということは少なくありません。

しっかりしたムード作りをして、相手にも告白を受ける準備をしてもらうようにしましょう。

家デートに誘う、ホテルに誘う

【告白OK=大人の行為OK】ではありません。特にマッチングアプリでは、真剣な交際を望んでいる人ほどヤリ目に警戒しています。

告白をOKしてもらったからといって、いきなり「これから家に来ない?」と誘ったり、ホテル街へ誘導すると「この人って結局ヤリ目だったのか」と思われて、誘いを断られて挙げ句、後日音信不通になってしまうでしょう。

大人の行為に対する考え方は人それぞれですが、相手とのことを真剣に考えているなら、もう少し時間をかけてもいいかもしれません。

3回目のデートで告白を断られた時の対処法

3回目のデートでは告白することをおすすめします。

しかし、考え方は人それぞれ。例え両想いだったとしても「まだ早い」と断られることだってあります。

3回目のデートで告白を失敗した時、あなたが取るべき行動は”断られ方”で変わってきます。

可能性がある断られ方をした時

「もう少し考えさせてほしい」
「〇〇さんのことは好きだけど、もう少し時間をかけてお付き合いをしたい」

この2パターンは可能性がある断られ方ですね。

この言葉で断られて、なおかつ今まで通り連絡を取れたり、具体的な日程を含めた次のデートの約束が出来ているなら、関係の進展は望めます。

相手の方は「失敗したくない」「真剣だからこそ時間をかけたい」「好きだけどちょっと不安」と思っているはずなので、引き続き相手に気に入ってもらえるよう連絡を取ったり、楽しいデートをするようにしてください。

ただし、同じ言葉で断られても連絡頻度が少なくなったり、次のデートの約束が出来ていないなら、相手はおそらく『断りづらいから一旦OKしてフェードアウトしよう』と考えているはずなので、潔く諦めてよいでしょう。

可能性がない断られ方をした時

「ごめんなさい〇〇さんとは付き合えません」
「友達として仲良くしていきましょう」

上記のように『恋人にはなれません』とハッキリ断られたのであれば、間違いなく今後関係の発展は望めないでしょう。

マッチングアプリで出会った相手と3回目もデートに来たということは、”相手はあなたに少なからず好意がある”ということは間違いありません。

しかし、3回目のデートには最終確認という意味もあります。その確認をした結果「やっぱりちょっと違うな」と思われてしまったということでしょう。

せっかく時間をかけたのに、せっかく好みの相手とマッチング出来たのに、という気持ちもわかりますが、潔く諦めて次の相手を探すことをおすすめします。

まとめ

今回はマッチングアプリにおける3回目のデートに焦点を当てて書いてきました。

もともと「パートナーを探す」という目的があるのですから、マッチングアプリで出会った相手に3回目のデートで告白することは、決してタイミングが早すぎるということはないです。

むしろそういった前提があるのですから、一旦区切りをつける良いタイミングでもあります。

戸惑いはあるかもしれませんが、一歩を踏み出さなければなにも始まりません。もし「この人と付き合いたい!」と思ったならば3回目のデートで思い切って告白してみましょう。

 

おすすめのマッチングアプリについて紹介した記事も書いています。

今使っているマッチングアプリに不満がある。このマッチングアプリは自分に合っていないかもいと感じてるなら、こちらの記事を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました