【割り勘はアリ?それともナシ?】マッチングアプリで出会った相手との初デートの支払いについて

マッチングアプリで出会った相手との初デート。色々不安になることは多いですが、『支払いをどうするか?』ということについては、ほぼ全員が一度は頭を悩ませているはずです。

割り勘にするべきなのか?それともどちらかが多く払ったり、全額払ったりするべきなのか?

特に男性は「経済的な問題で割り勘にしたいけど、相手はどう思うだろうか?」など、割り勘にすることで相手がどんな印象を抱くか非常に気になるはずです。

最近は男女平等的な考えが当然の世の中ですから、こういった言い方は良くないかもしれませんが、やはり男性からすると気になってしまいますよね。

そこで今回は【マッチングアプリで出会った相手との初デートで割り勘はアリ?それともナシ?】ということをメインに男性と女性が抱く印象や、結局支払いはどうするべきなのかを解説していきます。

初デートの割り勘はアリ?それともナシ?

そもそも初デートで会計を割り勘にすることについては、明確な答えは存在せず「どちらが正解か?」と聞かれると「人による」というのが正しい答えでしょう。

これは割り勘について男女それぞれの立場で意見が違いますし、同じ性別内でも意見が分かれるからです。

まずは男性、女性それぞれの立場の意見をまとめてみました。

割り勘について男性の意見
割り勘はアリ派
・自分の支払いは自分でするべき
・好みのタイプならおごりたいけど、気に入らない相手なら割り勘にしたい
・初めに奢ってしまうと、その後もずっとお金を出し続けなければならない気がしてまう
・経済的な余裕がない
割り勘はナシ派
・少しでも相手に気に入られたい
・格好つけたい
・明らかに経済的な余裕があるから、デート代くらい苦ではない
・男が出すのが当然だと考えている
・割り勘にすると相手が不安になるのでは?と思ってしまう
割り勘について女性の意見
割り勘はアリ派
・自分の支払いは自分でするのが当然
・リアルならともかく、ネットで出会った人との初デートで奢ってもらうのは気が引ける
・おごってもらうことで貸しを作りたくない
・「おごってもらうのが当たり前」だと思っている女だと思われたくない
・金銭的にも余裕があり、おごってもらうので気がひける
割り勘はナシ派
・デート代は男性が払うものだと思っている
・最初のデートくらい格好つけてほしい
・最初のデート代すら出すことが出来ない人は、金銭面で不安を感じてしまう
・男性のプライドを傷つけてしまう気がする
・「楽しくなかった、もう会いたくない」と思われてそうで不安に感じてしまう

このように、男女だけでなく、それぞれの性別内でも意見が別れているので、コレが絶対正しいという答えは存在しません。

絶対に割り勘にしたい人はそうするべきですし、奢りたい・奢ってもらいたい人はそうするべきです。もしそこで考えが合わないなら”今後の関係も上手く行かない”と考えて、それっきりにしたほうが良いかもしれません。

【最初のデートは男性が出す】結局はこれが一番安全かも

最初のデートでの割り勘はアリ・ナシについての正しい答えは「相手による」しか存在しないのですが、どうするべきか迷ったときは【最初のデートは男性が出す】というのが一番安全なのは間違いありません。

というのも、なんだかんだ言って男女ともに『初デートは男性が払う』と考えている人は非常に多く、【割り勘はアリ派】の女性も『奢ってくれるならそれはそれでアリ』と考えている人もいます。

つまり、男性が割り勘にするべきか迷った場合『とりあえず払っておけば、女性に悪い印象を与えることは少ない』ということになるので、もしどうするべきか迷った場合は安全策で奢っておいたほうがベターです。

もし相手が「どうしても割り勘が良い」と言った場合はそれに合わせるべきですが、特になにもないのであれば、その後の関係のことも考えて男性が払っておいたほうがよいですね。

最初のデートは男性が出すのがベター、それでも男性が割り勘にする理由は?

『最初のデートは男性が出すのがベター』特に理由は述べなくても、なんとなくこれは理解出来ると思います。実際多くの男性がそう思っているのは間違いありませんし、女性だってそう思っている人の割合は多いです。

しかし、それでも初デートで割り勘を提案してくる男性はいます。では、その人が割り勘を提案してくる理由とはなんなのでしょうか?

男性が初デートで割り勘を提案してくる理由
・相手がタイプではなかったので、もう会うつもりがない
・平等思考の持ち主
・金銭的余裕がない
・女性慣れしていない
・「奢ってもらうのが当たり前」と考えている人を見抜きたい

自己紹介のテンプレートに『初デートの費用』の項目を設定しているマッチングアプリは非常に多く、ほとんどの女性ユーザーはその質問の回答を『相手と相談して決める』『男性が払う』『無回答』にしています。

この回答を見て分かる通り、女性の多くは初デートの費用を男性に払ってもらう、もしくは男性が多く払うと考えています。

その状況で男性が割り勘を提案してきた場合、「あれ?もしかしてダメだった?」と不安になるはずです。

ハッキリ言いますが、その不安はほぼほぼ的中しています。

本気で付き合いたいと考えている相手に対して、しかも初デートで割り勘を提案してくる男性はほぼいません。

もし男性から割り勘を提案された場合、ほとんどが『もう会う気がない』or『金銭的な余裕がない』のどちらかが理由だと思っていいでしょう。

ですので、相手が割り勘を提案してきて少しでも不快に思ったなら、その時点で関係を断ってもいいです。

稀に男女平等や「奢ってもらうのが当たり前」思考を見抜きたいからという理由で割り勘を提案してくる人もいますが、基本的に男は格好つけたい生き物なので『独特な思考の持ち主or実はお金がない』のどちらかだと思っていいです。割り勘を判断材料にするという点では、結果はそこまで変わりません。

『割り勘にする・しない』だけで相手の性格や人柄を判断するのは極端かもしれませんが、一つの判断材料にするには良い指標なのは間違いありません。

マッチングアプリで出会った相手との初デート!女性は会計でどう振る舞う?

マッチングアプリでの初デートでは、基本的に男性が支払うか、多めに払うと思っていただいて良いです。

男女平等が叫ばれる現代において、「女性は~、男性は~」と言うのはあまり褒められた行為ではありませんが、これについては「そうなんだから仕方ない」と思っておいてください。

さて、ここまでは男性目線での話が多かったですが、女性目線の話をしましょう。

会計については男性から「払っておくよ」とか、伝票を見ながら「〇〇円だから、〇〇さんは〇〇円払ってもらえます?」など、提案してもらえるといいのですが、そのまま会計に向かった場合、女性はどう振る舞えばいいのでしょうか?

答えは簡単で【とりあえず財布は出しておけ】です。

男性の中には「男性が出して当然」という思考の女性を嫌う人もいます。

ですから、それくくりから外れるためにも【財布を出して『払う気はある』】というのはアピールしておきましょう。別に本当にお金は出す必要はないです。これをやるだけで男性目線ではかなり気持ちが違ってくるので、最低限アピールだけはしておいてください。

あとは心構えの問題なのですが『割り勘のつもりでいる』というのも大切です。

普通に割り勘を提示してくる人もいますし、提示もせず割り勘が当然だと言う男性もいます。帰り道で気まずくならないためにも、割り勘の金額を男性に渡すつもりでいるのが一番良いです。

割り勘のつもりでいて『奢ってもらえたり、たくさん出してもらえばラッキー』くらいの気持ちでいれば、例え割り勘だろうと気持ちはプラマイゼロ、むしろ奢ってもらえたら嬉しい気持ちで帰れるので、心構えはそのほうが良いですね。

その後、『割り勘にしてくる男は絶対NG』だと思っている方はフェードアウトするだけなので、会計時の女性の振る舞いは『割り勘のつもりで財布は出しておく』というのがおすすめです。

プロフィールでは『割り勘希望』でも実際は奢ってくれる男性の心理とは?

マッチングアプリのプロフィールには、基本的に『初デートの費用』についての項目が用意されています。

男性ユーザーがこの項目に『割り勘』と記載していたのに、いざ初デートの会計になった時に費用を全額負担したことによって、困惑した女性が結構いるようです。

実はこの事例は決して少なくありません。むしろよくあることだと思って良いでしょう。

プロフィールに割り勘と書いていても、実際は奢ってくれる男性の心理はこちら

・奢ってもらうのが当たり前だと思っている人を避けたい
・割り勘のつもりだったけど、好印象だったので格好つけたい

基本的にこの2つのどちらか、または両方です。

というのも、男性ユーザーは【『最初のデート代は全額負担する』つもりでも、『奢ってもらうのが当たり前』だと思っている女性は嫌】というちょっと面倒な思考の持ち主が多数います。

ですから、最初の段階でそれを回避するためにプロフィールに『割り勘』と記載して、事前に奢ってもらうのが当然女性を避けているのです。

そして、いざデートするときにはちょっと格好付けて奢ったり、本当に割り勘にするつもりでも、予想以上に好印象だったので、絶対にまたデートしてもらうために奢ったりしているのです。

ですから、プロフィールは割り勘だったのに奢ってもらえた場合は、決して悪い方向に捉えずに、むしろ好印象を与えていると思って良いでしょう。

まとめ

今回はマッチングアプリで出会った相手との初デートの支払いについて解説してきました。

結論を簡潔に述べると

初デートは男性が全額負担、または多くだすのがベター。女性は割り勘のつもりでデートに行き、奢ってもらえたらラッキーくらいの気持ちで、最低限財布は出しましょう。

ということです。

結局の所、会計にそこまで神経質になる必要はないです。

『最初のデートは男性に払ってほしい』と思っている女性は多いですが、それだけで関係を断つような人なら、きっとこの先上手くいくことはないでしょう。

奢りたかったら奢る、割り勘にしたかったら割り勘にする。

あとはあなたの気持ち次第ですね。

 

おすすめのマッチングアプリを紹介しているので、マッチングアプリ選びの参考にしてください。

コメント

  1. 美和 より:

    イケメン高収入の人気会員は割り勘に設定してる人は皆無です。
    また、低収入でも男性が支払うに設定してると好印象です。

    いずれにしても割り勘とか相手と相談して決めるという男性にありがとうは返しません。
    2人いてどちらかにありがとうを返すとしたら、割り勘男には返さないです。

タイトルとURLをコピーしました