マッチングアプリで上手に会話するコツ!今すぐ使えるテクニックと10個の話題

マッチングアプリを使っているみなさん!相手とのメッセージのやり取り、電話、初デートで”会話”に困ったことないですか?

「どうやったら上手に話せるかな?盛り上げられるかな?」
「そもそも相手と何を話したら良いのか全然わからん・・・」

出会いの機会がないからマッチングアプリを使い始める人も多いですから、上手な会話の仕方や話題提供は、マッチングアプリ利用者が抱える大きな悩みの一つです。

相手の声が聞くことが出来る電話や初デートならまだしも、マッチングアプリでのファーストコンタクトは基本メッセージ。顔を合わせて身振り手振りを交えてコミュニケーションが取れるリアルでの出会いと違い、こに対して苦手意識を持つ人も非常に多いです。

今回は「マッチングアプリで上手に会話するコツ!」ということで、今すぐ使える会話のテクニックや話題提供のヒントなど、会話を上手にするコツを紹介していきます。

上手に会話を盛り上げるには?相手のことを考えた言葉選びが大切

あなたは会話をする時どんなことを考えていますか?

「上手に話さないと」
「次に何の質問をしよう?」
「今の答えって、相手はどう思うかな?」

こんなことを考えているなら、きっと相手は「楽しくない」と思っていることでしょう。何故ならこれは自分目線の考えで、相手のことは全く考えていないからです。

例えば、マッチングアプリで出会った相手と上手に会話したいあなたは、いくつか”質問”を用意してきました。その時の会話はこうです。

「休みの日は何をして過ごしてますか?」

「この前の休みは読書をして過ごしました」

「そうなんですね。私はあまり本を読まないので、読書する人って尊敬しちゃいます。でも漫画はよく読みますよ!ところで、〇〇さんって趣味はなんですか?」

「プロフィールを見れば休日の過ごし方とか趣味はわかるでしょ」というのは一旦置いておいて、この会話の流れ、どう思いますか?

休日の過ごし方を聞かれた相手は「読書」と答えてくれました。その次にあなたは「趣味は何ですか?」と質問しています。しかし、よく考えてみると「休みの日に何をする→趣味をする」じゃないですか?

つまり、あなたは相手が趣味について話してくれたのに、その後に再び同じ質問をしているのです。

相手を楽しませるために色々準備することはもちろん大切です。しかし、一番大切なのは、今目の前にいる相手が、どんな人で、今何を思っているのか、とにかく相手を知ることが大切なんです。

相手が放ったことばに対してちゃんと反応して深堀りする。特に趣味の話しであるなら、深堀りしていくうちに相手も楽しく会話出来るはずです。

読書して過ごしました→何の本読んだんですか?→〇〇って小説です→そういうジャンル好きなんですか?→好きです→今までで一番おもしろかったのは?→〇〇です→どこに一番魅力を感じますか?・・・

のように、最初の一問一答からどんどん連想して会話は進めることが出来ます。ここに自分の感想や思ったことなどを踏まえて会話を進めていけば、相手も「私のことを知ろうとしてくれてる。興味を持ってくれてる」と話していて楽しい気持ちになっていくことでしょう。

相手の話をしっかり聞き、その答えに対してのアクションを起こしていく。相手のことを考えて言葉選びをしていくことで、上手に会話を盛り上げていけることでしょう。

上手な会話の基本は「相手のことを考える」ことです。

上手に会話したいなら最初にするべき3つのこと

リアルで初対面の人と会話するときは基本的にノーヒント。会話を始めてから色々と探っていかなければなりませんが、マッチングアプリでの出会いは、最初の会話を始める前から事前に準備しておくことが出来ます。

この準備をしておくだけで、会話を盛り上げる難易度はグッと下がります。

上手に会話したいなら最初にするべき3つのことについて紹介します。

上手に会話したいなら最初にすべき3つのこと
・プロフィールを熟読する
・相手との共通点を見つけておく
・最初のメッセージにオリジナリティを出す

一つずつ解説していきます。

プロフィールを熟読する

まずは基本中の基本ですが、プロフィールを熟読しておきましょう。

何の食べ物を好きなのか、趣味はなんなのか、どんな性格なのか、大学生なのか、社会人なのか、プロフィールには相手の情報がたくさん載っています。

相手のことを知ることが出来れば、会話を盛り上げるための話題提供などが格段にしやすくなります。

プロフィールから相手の情報を事前に入手出来るのは、リアルの出会いにはない、マッチングアプリの最大のアドバンテージです。これを生かさない手はありません。

ただし、プロフィールに書いてあるような「趣味はなんですか?」などの質問をしてしまうと、「え?この人プロフィール読んでくれてないの?・・・」と逆に印象が悪くなってしまうこともあります。

まずはプロフィールをしっかり読んで、相手のことを知ることからスタートしましょう。

相手との共通点を見つけておく

プロフィールを読んでいる内に”好きな食べ物が同じ”、”同じ趣味を持っている”など、色々と共通点を見つけられるはずです。

これらは会話を盛り上げるための重要な要素です。

映画好きという共通点があるなら『好きな映画の話』、好きな食べ物が一緒なら『おすすめのお店の共有』など、絶対に盛り上がる鉄板の会話ネタが見つかることでしょう。

プロフィールを読むのと同時に、相手と自分の共通点を出来るだけ見つけておきましょう。

最初のメッセージから相手に好印象を抱いてもらう

悪い印象を徐々に上げていくのと、最初から好印象で会話をスタートするのでは、会話の盛り上がりは全然違ってきます。

マッチングアプリでの最初の会話はマッチング後のメッセージです。

仮に最高の第一印象が100だとして、最初のメッセージで相手が抱いた印象が10と80では、その後の会話の盛り上がり方に違いが出るのは誰の目にも明らかです。

「はじめまして!マッチングありがとうございます!これからよろしくお願いします!」

よくある一通目の文章かもしれませんが、テンプレート過ぎますし、正直返信し辛いので、相手に良い印象を与えることは出来ず、場合によっては「・・・」と悪い印象を与えてしまう可能性もあります。

これを回避するために、100点を出すのは無理かもしれませんが、以下の3つのポイントを意識して、好印象を与えるメッセージを送りましょう。

・マッチングのお礼を伝える
・名前を名乗る
・プロフィールから見つけ出した共通点から相手に一つ質問する

ちゃんとマッチングのお礼をした上で、自分の名前を名乗り、答えやすそうな質問を一つする。これだけで、お礼が言える、自分から名乗れる、相手と自分に共通点がある、プロフィールをちゃんと読んでいるなど、色々アピール出来ると同時に返信率も上げることができます。

最初のメッセージの例

はじめまして、〇〇と申します!マッチングありがとうございます!
私も食べ歩きが趣味なので、おすすめのお店話しとか出来たら嬉しいです!
ところで、プロフィール写真のあの料理ってどこのお店のですか?すごく美味しそうで気になってるんです!

最初のメッセージから色々アピール出来ますし、会話をスタートすることが出来るので、オリジナリティを出しつつ、一通目から好印象を持ってもらえるようなメッセージを送りましょう。

上手に会話するための5つのテクニック

会話を盛り上げるために最初にすべきことがわかったら、次は上手に話すためのテクニックを紹介します。

電話やデート中などに使えるテクニックとメッセージのやり取りで使えるテクニック、一緒に紹介していくので、是非参考にしてみてください。

上手に会話するための5つのテクニック
・文章量を合わせる
・返信の間隔を相手に合わせる
・聞き上手になる
・インタビュアーには絶対にならない
・必ず相手の言葉に反応する

一つ一つ解説していきます。

文章量を合わせる

メッセージのやり取りで使えるテクニックですが、なるべく相手と文章量で返信することをおすすめします。

相手が送ってきた短いメッセージに対して明らかにやりすぎな長文で返信してしまうと、相手はその文章や熱量に引いてしまうかもしれません。また、「長文で返さないと」とプレッシャーを与えてしまうことにもなります。

逆に長文に対して短文で返してしまうと、「私に興味ないのかも」と冷めてしまう可能性があります。

メッセージの内容次第で臨機応変に対応しつつ、基本は相手と文章量を合わせるようにしましょう。

返信の間隔を相手に合わせる

こちらもメッセージのやり取りで使えるテクニックで、返信にかかる時間、間隔を相手に合わせるようにしましょう。

相手が時間をかけて返信してきたメッセージに対して即座に返してしまうと、「すぐに返信しないと」と相手はプレッシャーを感じてしまいます。

また、両方が即返信を続けていくと、それが”すぐに返信しなければ”と強迫観念のようなものに感じてしまい、お互いに辛くなってしまいます。

すぐに返信が欲しそうな内容でなければ、1,2時間に1度の返信なら同じペース。朝や仕事終わりに1通ずつのやり取りならそれに合わせるなど、文章量だけでなく返信の間隔も相手に合わせるようにしましょう。

聞き上手になる(フォローアップクエスチョンを使う)

相手に楽しく話してもらうことが出来れば、自然と会話は盛り上がります。相手に楽しく話してもらうためには自分が”聞き上手になる”ということですが、そう簡単にはいきませんよね。

そこで使えるのが『フォローアップクエスチョン(相手の話について質問していくこと)』。簡単に言うと『話を掘り下げていく』ということです。

例えば相手が「この前見た映画がおもしろかった」と言ったとしましょう。

そこであなたは「なんの映画見たんですか?」と返します。それに対して相手は「〇〇ですよ」→あなた「どんな内容ですか?」→相手「恋愛映画で、〇〇って俳優さんが出てるやつです」→「えー面白そう!ネタバレしない程度に内容教えてください」→・・・

こうやって、相手が話した内容についてどんどん掘り下げていくだけです。言われてみれば非常に簡単なことですが、これをするだけで相手は「自分の話に興味を持ってくれてる」と感じますし、自分の趣味や好きなことについて話題だったら間違いなく楽しく話すことが出来ます。

ただ掘り下げるだけでなく、はい・いいえ以上の答えが必要な質問をしたり、ときには自分の感想を混ぜて話していくと会話はどんどん充実していきます。

相手のことは否定せず、基本的に肯定のスタンスでいることも大切ですね。

相手の話した内容は掘り下げる、疑問系で会話の土台作りをすることが出来れば、きっと聞き上手になれることでしょう。

インタビュアーには絶対にならない

相手に気持ちよく話してもらうために、聞き上手になる必要があります。しかし、決して質問するだけのインタビュアーになってはいけません。

会話は言葉のキャッチボールです。常に同じ場所、同じ速度で返してくるロボット相手ではキャッチボールは楽しくないですよね?

質問をして相手にたくさん話してもらうことも大切ですが、自分の感想を話したり、自分の知っている情報を提供したり、相手と同じ立場で自分もしっかり会話していきましょう。

相手の話をしっかり聞いて会話を深堀り出来る聞き上手であれば、きっと話上手にもなれるはずです。絶対に質問するだけのインタビュアーにはならないようにしましょう。

必ず相手の言葉に反応する

質問しかい出来ないインタビュアーになってしまうのは絶対にNGですが、自分のことしか話せないスピーカー人間になってしまうのはNG。両方に共通していることは、相手が話した言葉に反応していないことです。

「何の映画見たの?どこがおもしろかったの?どんなジャンルの映画が好きなの?おすすめの映画は?」インタビュアーは相手に話してもらうことは出来ますが、自分のことは一切話しません。

「最近〇〇って映画を見てね、あの映画のラストは本当に素晴らしかった。この手のジャンルの映画はよく見るんだけど、おすすめは〇〇だね。なんでかって言うと・・・」自分のことしか話さないスピーカー人間は、一生懸命会話を盛り上げてるつもりでも、相手からしたら自分のことしか話さない”自分大好き人間”。他人のことは興味がないように感じてしまいます。

相手に気持ち良く話してもらった上で、よく聞いて、必ず相手の言葉に反応するようにしましょう。「そうなんですね」「うんうん」「それわかる!」など相槌を打つだけでも全然違ってきます。

今すぐ使える話題集10選

テクニックなどがわかったところで、実際に使える話題集10選を紹介していきます。

言われてみればなんてことない内容ですが、これだけあればメッセージのやり取りや最初の会話で困ることはないと思うので「ちょと自信ないな・・・」って方は是非参考にしてみてください。

今すく使える話題集10選
・趣味、好きなもの/こと
・好きな食べ物、お酒
・出身地、地元の話
・大学生活、仕事の話
・休日の過ごし方
・プロフィール写真について
・面白いテレビ、映画、動画

・時事ネタ
・今日の出来事
・天気、季節
趣味、好きなもの/こと

会話の鉄板とも言うべき趣味、好きなもの、好きなことは、非常におすすめの話題です。

趣味や興味のある話題で会話するのですから、楽しいくないはずがありません。

マッチングアプリのプロフィールにも絶対に記載されている内容なので、自由入力欄などもしっかりチェックして相手の趣味や好きなことについてはしっかりリサーチしておきましょう。

「〇〇好きなんですよね?実は私も興味があって~」
「私も〇〇好きなんです!新しいのチェックしました?」

と相手に話してもらったり、共通の話題ということをしっかりアピール出来れば、会話が盛り上がること間違いなしです。

好きな食べ物、お酒

好きな食べ物やお酒について話題は、初デートでどこに行くかの参考にもなるので、是非話しておきたい話題の一つです。

食べ物の好みが似ているなら、おすすめのお店の共有をしたり、お互いお酒好きなら「お酒を飲むデートもありだな」など、会話が盛り上がるだけでなく、色々と参考になる情報もたくさんあるので、初デートが決まった時なんかにしておきたい話題です。

出身地、地元の話

出身地や地元の話は、相手がどんな環境で育ったのか知ることが出来たり、地元の人しか知らないおすすめスポットを知ることが出来たりなど、たくさんの収穫があります。

お互い田舎育ちなら、小さい時こんなことして遊びましたよね?と共通の話題を探ることが出来たり、相手が都会育ちならどんな子供時代を過ごしたか聞いたりしたそのギャップで会話を盛り上げることが出来ますね。

家族構成などは個人情報につながるので嫌う人がいるかもしれませんが、出身地や地元の話ならそこまで気にすることもないと思うので、相手を知るためにもいい話題です。

大学生活、仕事の話

大学生活やサークルについて、どんな仕事をしているかなどはお互いを知るためにも良い話題です。

そのまま近況についての会話にもなるので、普段どんなことをしているのかも知ることができます。

ただ、仕事について深堀りしてしまうと「オフの時まで仕事の話をしたくないな・・・」と嫌がる人もいるので、ラインを超えないように会話の内容やトーンに気をつけながら話してみてください。

休日の過ごし方

休日の過ごし方は、素の相手を知ることが出来る話題です。

「家で読書、映画を見る、ゲームをしている、ゴロゴロしている」という人はインドア派、「買い物に行く、公園で散歩、運動している」という人はアウトドア派の可能性が高いです。

そういった情報を得られるので、自分の相手の相性を探るのにも使える話題ですね。

休日の過ごし方は、趣味の話につなげたり、相手の性格の話、近況報告などにもつなげることが出来るので、会話に困った時に使ってみると良いかもしれません。

プロフィール写真について

プロフィール写真は複数枚登録されていることが多いです。好きな食べ物や好きな場所、趣味についての写真を載せいている人も多いので、それについて触れるときっと相手も喜んでくれるでしょう。

「写真にあったあの場所すごくキレイですね!どこですか?」と聞いてみたり、趣味の話題を出す時も「プロフィールから知った」よりも「プロフィール写真の~」と切り出した方が印象が良かったりするので、プロフィール写真の話題はおすすめです。

また、そういった写真がなくても相手が映っている写真の背景にもいろんなヒントが隠されていることがあるので、プロフィール写真についてもしっかりチェックしておくことをおすすめします。

面白いテレビ、映画、動画

テレビ、映画、youtubeなどの動画についての話題も鉄板ネタです。

映像メディアに触れていない人はまずいないので、「あの映画見ました?」と軽い気持ちで話しをふってみましょう。「見てない」と言われても「なんか気になる映画(動画、テレビ)とかおすすめのものとかあります?」と続けられるので、まずは話してみましょう。

この手の話題は、笑いのツボが一緒か?とか好みは似ているか?など、相性を探ることも出来るのでおすすめです。

時事ネタ

好きなものにや休日の過ごし方など、鉄板の話題も一通りし終えて、何も話すことが無いときは時事ネタについて触れてもいいかもしれません。

「外出自粛で色々大変だけど大丈夫?」とか、相手がスポーツ好きなら「朝のニュースで〇〇チームについてやってたよ」など、時事ネタに触れても良いですね。

ただし、ワイドショーなどで扱う不倫など、不幸系のネタはあまりウケが良くないですし、政治、宗教などの話は地雷を踏む可能性があるので注意しましょう。

今日の出来事

こちらも一通り会話をし終えて距離が縮まってからするべき話題にはなりますが、今日あった出来事についてしてみるのも良いですね。

心を許しているなら、相手が仕事の愚痴を漏らしてくることもあるので、しっかり聞いて上げると相手の評価もグッと上がるはずです。今日あった面白い話など、他愛もない話しが出来るようになっているなら、デートの誘い時かもしれません。

天気、季節

「今日天気良いですね」は非常にしょうもない会話な気がしますが、それでも会話をするキッカケには良いです。

「今日すっごく寒かったんで、コート出しちゃいました」とか「夕方急に雨降りましたけど大丈夫でしたか?」など、メッセージを送るキッカケにもなるので、困った時は使ってみてください。

今すぐやめよう!NG話題集

今すぐ使える話題集もあれば、今すぐやめるべきNG話題集もあります。

会話をする時は、基本的に何を話してもいいですが『信頼関係が出来上がるまではなるべく避けけたほうがいい』というものもあるので、紹介しておきます。

今すぐやめよう!NG話題集
・住んでいる場所
・プロフィールに書いてある内容
・下ネタ
・嫌いなもの、こと
・過去の恋愛
・自分語り
・宗教、政治の話
住んでいる場所(個人情報)

住んでいる場所はすごくデリケートな個人情報です。

男性ならまだしも、女性は住んでいる場所や最寄り駅などを教えることに抵抗を覚える人が多いです。

個人情報に関する話題をしてしまうと、最悪の場合「え?恐い・・・」と思われて、連絡が来なくなるということは十分にあり得るので、個人情報、特に住んでいる場所や最寄り駅の話をするのはやめましょう。

デートの場所決めでどうしても必要な時は、「自分は〇〇の辺りに住んでるんですが、デート場所どこがいいですか?」など、相手が情報を出さずに決められるように工夫しましょう。

プロフィールに書いてある内容を質問する

プロフィールを見たらわかるのに「趣味はなんですか?」と質問するのは最悪です。

「私あなたのプロフィール見てません」と言っているのと同じですから、プロフィールに書いてある内容を質問するのはやめましょう。

『趣味:〇〇』と書いてあって、「□□さんの趣味って〇〇ですよね?実は私も前から興味あって・・・」とプロフィールの情報を使って質問するのは『ちゃんとプロフィール見てますよ』とアピールになるのでOKです。

下ネタ

絶対にやめるべき話題です。

ヤリ目、遊び相手探しと思われてしまうので、お互いの目的が一致している場合の除き、絶対にやめましょう。

嫌いなもの、こと

嫌いなもの、嫌いなこと、嫌な思い出話は、気分も落ちますし、会話が盛り上がることはまずないでしょう。

その気持がそのまま”あなた”に向いてしまい、嫌われてしまうということもあり得ますので、嫌いな話題ではなく、好きな話題で盛り上がることをおすすめします。

過去の恋愛

相手の過去の恋愛について興味がある人もいますが、それに対して相手がどう想うかは全く別の話です。

過去の話をしなくない人もいれば、「いきなりなに?彼氏(彼女)ヅラするな」と思う人もいるので、やめましょう。

どうしても知りたいなら、ある程度関係値が出来上がってからにしてください。

自分語り

「昔は悪さしてて~・・・」
「オレってすごいんだよ!〇〇でさ~・・・」

など、自分語り、武勇伝にはほとんどの人が興味ありません。聞いていてもつまりませんし、印象は最悪です。

相手が聞いてこない限りは絶対にしない。聞いてきても話しすぎないように注意してください。

嫌われます。

宗教、政治の話

大事な話かもしれませんが、関係値が出来上がっていない時にする話ではありません。

「飲み会で宗教、政治、野球の話はするな」

という格言もあるくらいですから、やめましょう。

まとめ「ネタ切れの前にデートしよう」

今回は会話を盛り上げるための事前準備、上手に話すためのテクニック、話題集、NG話題集を紹介しました。

色々書いてきましたが、大事なのは「相手の話をきちんと聞いて、それにちゃんと反応する。相手のことを知ろうとする」ということです。

それさえ気をつけていれば、きっと上手に会話出来て、盛り上がることでしょう。

あとはネタ切れの前にデートするようにしてください。

最初はよくても、メッセージを長期間続けてしまうと絶対にネタ切れして、お互いの気持が冷めてしまいます。

マッチングアプリでは、お互いに興味があるからマッチングするのです。いくたメッセージをしたり、電話で話しても、実際に会ってみないと相手のことをちゃんと理解するのは難しいですから、「いい感じ!」と思ったら思い切ってデートに誘ってみましょう。

 

今使っているマッチングアプリが自分に合っていない、なかなかマッチングしないと感じている人は違うマッチングアプリを試すことをおすすめします。

こちらの記事でおすすめのマッチングアプリを紹介しているので、是非参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました