マッチングアプリで相手からキープされてる?キープを見極めるポイントとその対処法

マッチングアプリのシステム上、同時に複数の人からアプローチされたり、アプローチしたりして、同時進行になってしまうのは仕方ないことです。むしろそれが当たり前のことですね。

そうなると必然的に生まれるのが、『本命ではないけど、ダメだったときに残しておきたい人』つまり、”キープ”という存在です。

キープは、相手が本命と失敗しない限り関係の発展は望めないですし、無駄な時間を過ごす羽目になるので、出来ればなりたくないですし、なってるのだとしたら早めに知って対策したいですよね?

ということで今回は、なるべく無駄な時間を過ごさないためにも、自分がキープなのか見極めるポイントやキープだとわかった時の対処法などを紹介していきます。

マッチングアプリでは同時進行は基本!キープしても・されても仕方ない

まずはキープという存在について軽く触れておきましょう。

前述の通り、システムの性質上マッチングアプリでは同時進行は基本です。むしろ、相手探しの真剣度・熱量が高ければ高いほど、色んな人にアプローチするのは当然のことです。

そうなると「この人が一番タイプだけど、ちょっと難しいかもなー・・・ダメだった時のために積極的にアプローチしてくれてる別の人(そこそこタイプ)をキープにしよう」という心理も当然のように生まれてきますよね。

ですから『キープを作ることも仕方ないこと』なので、特に罪悪感を抱く必要はありません。ただその逆、「自分がキープになり得る』といういことも忘れてはいけません。

キープになることは仕方ないことですが、『キープになってショックを受けるくらいなら、早々に関係を絶ちたい』と思う人は、自分がキープがどうか見抜く力が必要になってきます。

もしかしてキープされてる?キープか見極める11のポイント

気にしない人は別として、自分がキープなのであれば、多くの人はそれを知っておきたいはずです。

自分がキープなのかどうかを見極める11のポイントを紹介していきます。

キープか見極める11のポイント
・関係が全く進展しない
・メッセージやLINEの返信が遅い
・質問をされない、内容が雑
・デートに誘われない、予定を合わせてくれない
・会ったときにメッセージのやり取りを覚えていない
・デートの時間が毎回遅め
・デートが短時間
・デート代が割り勘
・ホテルに誘ってくる
・告白されない
・いいね数が多い

それぞれ詳しく解説していきます。

関係が全く進展しない

たくさんメッセージのやり取りをしてるのに、一向にデートに行けない。

何回かデートしているのに、それっぽい雰囲気にならないし、告白しても答えをはぐらかされる。

マッチングアプリは、基本的に恋人を探すことが目的なので、関係の発展は早いです。しかし、それにも関わらず一向に関係が発展しない、でもメッセージは返ってくれるし、デートにも行ってくれるし誘われる。そんな状態が続いているならキープを疑ったほうがいいですね。

おそらく相手は本命との関係次第で切るかどうか判断しているので、それ次第では速攻連絡が来なくなったり、いきなり付き合うことになったりするでしょう。

メッセージやLINEの返信が遅い

メッセージやLINEのやり取りがやけに遅かったらキープの可能性があります。

気になる人とのやり取りを優先していれば、キープへの返信が遅くなるのは当然のことですからね。

ただし、元々返信するのが遅いタイプの人もいるので、最初から遅かったら【返信が遅いタイプ】。ある日突然遅くなったり、時間帯によって遅くなったりする場合は【キープされてるか疑う】のような感じで判断してみましょう。

質問をされない、メッセージの内容が雑

キープされている時、相手の興味はほとんど本命の人に向いています。

相手が器用な方なら上手にやれるかもしれませんが、大半はメッセージの内容にそれが出てきてしまいます。

メッセージの返信が相槌だけとか、自分の質問に対して返答してくるだけなど、自分に対する質問がなくなってきているなら相手は自分に対する興味を失っているということです。

また、片手間でやっているので、いまいち会話が成立しなくなってきたり、文章量が減少したりするなど、内容が雑になって来たりすることがあります。

メッセージの内容にそういったのが見られたなら、キープorフェードアウトの前兆だと思ったほうがいいかもしれません。

デートに誘われない、予定を合わせてくれない

キープの人とデートするくらいなら、本命の人とデートしたいと思うのは当然のことですね。

長いことメッセージのやり取りをしているのにデートに誘われない、誘っても「仕事が・・・、その日は予定が・・・」など、なにかと理由を付けて予定を合わせてくれないなら、キープの可能性があります。

特に「メッセージはちゃんとしてくれているのに何故かデートだけNG」の場合は間違いなくキープされていると思っていいでしょう。

本当にあなたに興味があるならデートに誘いますし、無理してでも時間を作ったり、具体的なリスケの提案をしてくれるはずです。

会ったときにメッセージのやり取りを覚えていない

キープされているということは、少なくとも相手は2人以上の人とメッセージのやり取りをしていることになります。

もちろん相手の興味関心は、キープよりも本命の方に向いているので実際に会ったときにメッセージのやり取りを覚えていなかったり、明らかに自分との会話ではなかった内容の話をしてきたりします。

マッチングアプリでは複数人とやり取りするのは当たり前のことなので、キープと断定することは出来ませんが、本当にあなたに興味があるならばそういったミスは起こりづらいはずなので、判断材料の一つには出来るでしょう。

デートの時間が毎回遅め

デートをするならキープよりも本命としたい。でも、キープの人ともデートしないとキープ出来ないので、デートの時間が毎回仕事終わりのディナーの時間帯や、持ち帰り出来そうな遅い時間に設定されているならキープの可能性があります。

デートが短時間

上と同じ理由でデートをするならキープよりも本命、でも、キープともデートしないと。

そんな理由から片手間デートになるので、丸一日デートや遠出するデートなど、キープの人は長時間のデートをする機会はないと言っていいでしょう。

デート時間が毎回短時間だと感じたなら、キープされているのかもしれません。

デート代が割り勘

これは女性の人に多いことかもしれませんが、デート代が割り勘なのはもしかするとキープかもしれません。

もちろん割り勘するのが普通と考える人はいますし、断定することは出来ません。

しかし、女性の前ではカッコつけたくなるのが男性というもの。
最初のデートや2回目、3回目のデートでは、少しでも男らしいところを見せようと「僕が出します」と言って強引にでも全額払おうとする人が多いでしょう。

この傾向から外れた場合「キープの人にはあまりお金を使いたくない」という心理があるかもしれないので、初回や2,3回目のデートで男性から割り勘を提案してきた場合はキープまたはヤリ目を疑ってもいいかもしれません。

付き合う前、付き合った直後にホテルに誘ってくる

まだ付き合ってもない段階や付き合った直後にホテルに誘ってくるのは、相手は自分との関係を真剣に考えていないと思っていいでしょう。

もし誘われた場合は、キープであり、ヤリ目の可能性が非常に高いです。

自分にその気があるならいいですが、嫌なら嫌とハッキリ断って、今後の関係について再度考えたほうがいいかもしれません。

告白されない

本命がいるうちは、キープから昇格することはありません。

何度もデートに行っているのに、一向に告白されなかったり、何度告白しても明確な答えをもらえずはぐらかされるのであれば、キープの可能性が高いです。

いいね数が多い

これは極端な意見になってしまいますが、いいね数が多い人からはキープにされることが多いかもしれません。

理由は単純で、「いいねが多い=モテる」ということですから、その人はたくさんのユーザーにアプローチされ、たくさんの人と同時にやり取りをしている可能性が高いです。

たくさんの人とやり取りしているのですから、その分キープが生まれる可能性はグッと上がるということですね。

これだけで断定は出来ませんが、いいね数が多い+他の要素が複数絡むのであれば、キープだと思ったほうが良いでしょう。

本命にはどういう態度?本名か見極めるポイント

キープか見極めるポイントはわかったけど、それなら本名にはどういう態度を取るの?

そんな疑問を持つ人もいると思うので、簡単にですが本命か見極めるポイントも紹介しておきます。

本命か見極めるポイント
・異性の話に敏感
・お酒を強引に勧めない
・デートに誘ってくる、予定が合う
・デート費用をケチらない

基本的に本命には、キープか見極めるポイントとは逆のことをしてきます。

あなたとのことを真剣に考えている、誠実さをアピールするためにお酒は強引には勧めない。

デートに行きたいからデートに誘うし、誘われたら頑張って予定を空ける。デート費用をケチらないなど、自分に尽くしてくれてると感じるならば、きっと本命だということです。

また、異性の話に敏感なのも本命のサインかもしれません。

キープされてるとわかった時に取るべき行動

信じたくはないけど、どう考えても自分はキープされてると気づいたとき、どんな行動を取ったらいいのでしょうか?

まず考えるべきなのは【関係を絶つ】or【本命を目指す】のどちらかです。

それぞれで取るべき行動が変わるので、パターン別で解説していきます。

キープとわかった時に取るべき行動【関係を絶つ場合】
・まずは都合の良い人をやめてみる
・フェードアウトするか、連絡を返さない

関係を絶つ場合は、その言葉の通り関係を終わらせる方向で行動します。

ただ、もしかすると相手から『都合の良い相手』と思われているだけかもしれないので、そこを改善するだけでアッサリ本命になれるかもしれません。少しでも未練があるなら、まずは自分の行動を見直してみるのも一つの手です。

相手のわがままを聞いたり、常にお金を出したり、呼び出されたら相手を優先して時間をつくるなど、相手に尽くし過ぎていないか?

常に相手の言いなりで、押しに弱く断れない正確や態度ではないか?

などなど、どうせ関係を絶つつもりなら、一度『都合の良い相手』と思われそうな要素を排除してみるといいかもしれません。

それでもキープのままだとか、早急に関係を終わらせたいのであれば、連絡頻度を落としてフェードアウトするか、連絡を返さずに関係を終わせるのがおすすめです。

キープとわかった時に取るべき行動【本命を目指す場合】
・無理に詮索しない
・焦って行動しない
・自分の魅力を上げる

・出来れば都合の良い相手をやめる

そもそもなぜキープになったかというと

【キープになる=相手が自分よりも良い相手を見つけているor自分に満足してない】

ということなので、キープから本命になるのは非常に難しいです。

相手が本命を諦めるか、自分の魅力を相手にもっと伝える、知ってもらうしか方法はないので、非常に時間はかかります。

本命を目指すなら、無理に自分がキープであることや本命が他にいることを詮索しない。焦って行動して相手に面倒な相手と思われないということが大切です。

また、都合の良い相手はいつまで経っても都合の良い相手と思われてしまうので、出来ればそこから抜け出すことも考えたほうが良いでしょう。

本命のを目指すなら、時間をかけつつ、自分の魅力を上げて、都合の良い人を脱出することを頑張りましょう。

まとめ

今回はマッチングアプリにおけるキープについて解説してきました。

マッチングアプリの仕様上、キープになる人が多いのは間違いないです。時間を無駄にしたくないなら、無理して本命を目指さずに別の人を探したほうが良いかもしれません。

あとは、どうせキープされるならと開き直って、自分も同時進行で別の相手を探すのもいいですね。

同じマッチングアプリに固執せず、色々なマッチングアプリを試してみるのも一つの手なので、こちらの記事を参考に自分に合ったマッチングアプリを探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました