マッチングアプリの会話は敬語?タメ口?相手に好印象を与える言葉遣い

マッチングアプリで日々理想のパートナーを探しているみなさん。こんな悩みを持っていませんか?

「相手と上手に距離を縮めるには敬語?それともタメ口?タメ口に変えるとして、いつ、どうやって変えたらいいんだろ?」

マッチングアプリでは初対面の相手とメッセージのやり取りをするので、この悩みを持っている人は非常に多いです。

タメ口は相手との距離を縮めるのに非常に有効な手段であると同時に、使うタイミングを間違えると相手に悪い印象を与えてしまう諸刃の剣です。

今回はタメ口が相手に与える印象や敬語からタメ口に切り替えるタイミングなど、相手に好印象を与えるための言葉遣いについて解説していきます。

○この記事のポイント○
・タメ口は相手との距離を縮めるのに非常に有効な手段
・いきなりタメ口を使われた時の本音は「最悪」
・タメ口に切り替えるなら、ある程度やり取りした後、連絡先交換、デートがベスト

タメ口は相手との距離を縮めるのに非常に有効な手段

自分の親はもちろん、同い年or年齢差がある彼氏・彼女、同世代の仲の良い友人と敬語で話す人はなかなかいませんよね。

親しい人や心を許している人との会話にはタメ口を使うの当たり前のこと。つまり、タメ口で話すということは、それだけ相手との距離が縮まっているという証拠です。

反対に、敬語で話すということは”相手に気を使っている”と取れますから、まだ仲良くなりきれていないということです。

もちろん、自分だけでなく敬語を使われている相手も「まだ壁があるな、仲良くなりきれていないな」と感じているはずです。

タメ口は、お互いの心の距離を縮めるのはもちろんですが、相手との距離が縮まったなと確認する方法としても非常に有効な手段です。

マッチングアプリで良い人が見つかったのであれば、タイミングを見て早い段階で敬語からタメ口に切り替えていきましょう。間違いなく相手との距離はグッと縮まります。

タメ口は相手と一気に仲良くなれる最高の言葉!でも最初は敬語を使おう

タメ口は相手と一気に距離が縮まる最高の言葉ではありますが、ある程度仲良くなり、自分だけでなく相手も「敬語やめてもいいかな」と思ったタイミングで使い始めないと、相手をただただ不快にさせてしまいます。

「最初からタメ口がいい!」という人も極稀にいますが、敬語を使われて不快に思われることは基本的にないですし、初対面の人に敬語を使うのは最低限のマナーです。

いきなりタメ口を使うのは絶対にNG。最初は敬語を使ってコミュニケーションを取っていきましょう。

マッチングアプリでいきなりタメ口を使われた時の本音

初対面でいきなりタメ口を使われた人が抱く印象はハッキリ言って「最悪」です。

だからこそ、初対面の人とコミュニケーションを取る時に敬語を使うのは最低限のマナーとなっているのです。

では、初対面の人がいきなりタメ口を使われた人はどんな印象を抱くのでしょうか?まとめてみたので、確認していきましょう。

馴れ馴れしい

みなさんがタメ口を使う相手は誰ですか?

真っ先に思い浮かぶのは家族、恋人、仲の良い友達など、信頼関係があったり、長い付き合いがある人が多いでしょう。

そんな近い関係の人たちとのやり取りにしか使わないはずのタメ口を、初対面の人に使われた時、あなたならどう思うでしょうか?

「馴れ馴れしい」「何様だ」こう思うのが当然です。これから親しくなっていくのですから、最初から悪い印象を与えるのはやめましょう。

真剣に恋愛する気がなさそう「ヤリ目」「不誠実そう」

いきなりタメ口を使ってくる相手には「馴れ馴れしい」と思うと同時に「チャラい、不誠実そう、身体目的」などの印象を抱かれるのは当然のことです。

元々そういう言葉遣いだとしても、仲良くなるためにしたことだとしても、メッセージだけでそれを判断するのは不可能です。多くの人が敬語でコミュケーションを取っているなかで、いきなりタメ口を使うという”異質な存在”は、マイナスなイメージを与えて当然ですよね。

真剣な出会いを求めているならそれ相応の態度で望みましょう。

常識がない

日常生活でも、マッチングアプリでも、初対面の人に敬語で接するのは常識です。

「自分はそうは思わない、これが自分のやり方」そういったマイノリティな生き方を否定するわけではありませんが、いきなりタメ口を使うのは、マイノリティというより非常識であり、最低限のマナーも守れない人です。

よっぽどのイケメンやお金持ちならそれでもいいかもしれませんが、常識があり、最低限のマナーを守れる人のほうが間違いなくモテるでしょう。

怖い

いきなりタメ口を使われて「男らしくてかっこいい」と思う人が、もしかしたらいるかもしれません。

ただ、多くの人女性は、そのオラオラが「怖い」と感じるでしょう。

女性に優しく接するのが本当の男らしさではないでしょうか。

マッチングアプリで敬語からタメ口に切り替えるベストなタイミングは?

「いきなりタメ口はNG!最初は敬語で!」ということはわかって頂けたと思います。

でも、相手とより良い関係を望むのであれば、いつかはタメ口に移行しなければいけません。では、そのタイミングはいつなのでしょうか?

敬語からタメ口に切り替えるベストなタイミングを紹介します。

ある程度やり取りをしたら

最初はもちろん敬語を使うのですが、ある程度やり取りをしたら敬語の中にタメ口を混ぜてみたり、思い切ってタメ口に切り替えてみるといいでしょう。

会話の盛り上がり方や相手がどう思っているかを見極める必要はありますが、自分のほうが年上ならちょっとくらい強気に出てみましょう。相手もそのほうが気が楽になるかもしれません。

連絡先を交換する時

デートの約束をしたり、マッチングアプリでのやり取りからLINEのやり取りに移行する時など、一つのポイントになるタイミングは敬語からタメ口にするチャンスです。

「せっかくだし、このタイミングでお互い敬語やめませんか?」と提案するのが無難ですね。

自分だけでなく、相手にも使っていいよと意思表示するのが大切です。

最初のデートor2回目のデートで徐々に

敬語からタメ口に切り替えるのに1番おすすめなのは、初デートや2回目のデートなど、直接会ったタイミングです。

プロフィールやメッセージのやり取りなどで、相手のこと情報はある程度知ることができますが、実際に会ってみるまでその人の雰囲気や人柄をちゃんと把握するのは難しいですよね。

実際に会うことで、色々わかることがあるので、そのタイミングでタメ口に切り替えるのは非常におすすめです。

「そうなの?」「すごいじゃん!」など、最初は反応する時の言葉をタメ口にするなど、徐々に慣らしていくことで、自然にタメ口に切り替えることが出来るでしょう。

マッチングアプリで敬語からタメ口に切り替える方法

敬語からタメ口に切り替えるタイミングがわかったところで、切り替える方法について紹介します。方法は大きく分けて2パターン。どちらを使ってもいいですし、どちらも合わせた複合パターンでもオッケーです。好きな方法を使ってみてください。

少しづつタメ口を使う

会話やメッセージの中に少しつづタメ口を混ぜることで、相手がタメ口を使われることに慣れていくので、自然な流れでタメ口に持っていくことが出来るでしょう。

「美味しそう!それってどこのお店ですか?」みたいな感じで、相手の話に反応する時はタメ口、質問は敬語のようにタメ口+敬語で相手に慣れていってもらい、徐々にタメ口の割当いを増やしていくといいでしょう。

ストレートにタメ口を提案する

ある程度やり取りをして関係値を作れた思ったら「せっかくなんで、もっと仲良くなるためにタメ口にしませんか?」とストレートに提案してみるのも一つの手です。

もちろんいきなりタメ口を提案するのはNGです。あくまである程度の関係値が出来てから。初デートが決まったタイミングやLINEへ移行したタイミングだと、自然に提案出来るでしょう。

先に紹介した徐々にパターンで、タメ口に慣れてもらってから提案するのもいいですね。

絶対に抑えておきたい!タメ口がNGなタイミング!

最後に、これだけは抑えておいて欲しい、タメ口がNGなタイミングと注意するべきことです。

といっても非常に簡単なので、絶対に覚えておきましょう

最初からタメ口

はい、もちろん絶対NGです。ここまでしつこいくらい言ってますが、最初からタメ口を使うのは絶対にやめましょう。稀に「それが良い!」という変わった人もいますが、多くの人が良い印象を抱きません。少しでも悪い印象を与える可能性があるならやめておきましょう。

すぐにタメ口

タメ口は、相手とある程度距離が縮まってからじゃないと良い印象を与えません。

「最初にタメ口を使わなかったから良い」というわけではないので、注意してください。ある程度やり取りをして、ある程度の関係を築けたなと思ったら、少しづつタメ口を出していきましょう。

呼び捨て

非常に重要なことなのですが、完全にタメ口に移行出来たからと言って相手のことを呼び捨てにするのはやめましょう。

マッチングアプリユーザーの大半は20歳を越えた大人です。タメ口はOKでも呼び捨てをされると「馴れ馴れしい」と感じる人が多いでしょう。

タメ口に移行出来ても「〇〇さん、〇〇ちゃん、〇〇くん」のように相手を呼び捨てにしないように注意しましょう。

まとめ

タメ口は相手との距離を縮める非常に有効な手段です。しかし、タイミングや方法を間違えると相手に悪い印象を与えることも少なくありません。

言葉の切り替えには勇気が必要ですし、思い切ってやってみることも大切ですが、相手が自分のことをどう思っているのか見極めることも大切です。

会話の流れや言葉から、相手がどう思っているのかを感じ取って、良いタイミングで切り出すようにしてください。

ちなみに、自分が相手より年上なら、相手が気を使わなくてもいいように、自らが主導してタメ口での会話に持っていきましょう。年上から提案したほうが間違いなくスムーズに移行できるはずです。

 

こちらの記事ではおすすめのマッチングアプリについて紹介しているので、是非一度目を通してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました