マッチングアプリで呼び捨ては絶対NG!好印象を与える呼び方と言葉の選び方

マッチングアプリの利用者の皆さん、マッチングした相手のことをどんな風に呼んでいますか?

まさか”呼び捨て”にしているなんてことはありませんよね?

お相手の方と早く仲良くなりたい、フレンドリーに接したい、その気持はわかりますが、しっかりとした関係が出来上がっていない内に呼び捨てにしてしまうのは絶対NG。ただただ不快に思われてしまうだけです。

今回は「なぜ呼び捨てにしてはいけないのか?どの段階からなら呼び捨てにしていいのか?」をメインに、好印象を与える相手の呼び方と言葉の選び方について紹介していきます。

マッチングアプリで呼び捨てにするのは絶対にナシ!

男性にありがちなことですが「女性よりも上の立場に立ちたい」「舐められたくない」「男らしさを魅せたい」という理由から、いきなり呼び捨てにしたり、タメ口を使ったりする人がいます。

マッチングアプリにはプロフィールがあるので、相手と直接コミュニケーションを取る前からどんな人か知り、勝手に仲良くなったり、相性が良いと勘違いしてそういった行動に走ってしまう人もいます。

しかし、マッチングアプリにおいて、いきなりタメ口を使ったり、呼び捨てにすることは絶対にしてはいけないNG行動の一つです。

百歩譲ってリアルでなら話し方や見た目、その人の雰囲気で許されることがあるかもしれませんが、マッチングアプリでは絶対にナシです。

マッチングアプリでいきなりタメ口や呼び捨てにされた人の心理
・初対面なのに馴れ馴れしい
・常識がない
・ヤリ目で真剣に出会いを求めていない
・不誠実
・怖い

このように、呼び捨てにされた側の心理は最悪です。

相手のほうが年齢が下だろうと、初対面の人とのコミュニケーションで呼び捨てにしたり、タメ口を使ったりするのは絶対にやってはいけないBADマナーです。

「いや、ネットでの出会いだし」と思う人がいるかもしれませんが、マッチングアプリはSNSやゲームではありません。延長線上には必ずリアルでのデートが待っています。

こういった考えを持っている人も、【マッチングアプリでの出会い=リアルでの出会い】と思考を改めて、いきなり呼び捨てにしたりタメ口を使うのは絶対にやめましょう。

相手のことは何て呼ぶのがベストなの?

『相手のことは何て呼ぶのがベストなの?』

マッチングしたてなのであれば答えは一つ『〇〇さん』と”さん”付けで呼びましょう。

さん以外の呼び方、例えば女性なら『〇〇ちゃん』、男性なら『〇〇くん』は、人によっては好感を抱く人もいますが、ある意味賭けになるので、初対面なら『さん』付け一択です。

理由をわざわざ説明する必要はないと思いますが、『〇〇さん』は敬意や親愛の意を表す丁寧な呼び方です。初対面の人の名前を呼ぶ時にこれほど適した呼び方はないですよね。

マッチングした人の名前を最初に使うときは、必ず『〇〇さん』と呼ぶようにしてください。

 

また、仲良くなってきてタメ口を使うようになっても基本的に”さん”付けは継続したほうが良いです。

「呼び捨ては本当に親しい人じゃないと許せない」という人が多いようで、タメ口はOKでも呼び捨てはNGだという人は結構います。

デートを重ねるようになってから『〇〇ちゃん』『〇〇くん』と呼ぶのはいいですが、お互いに惹かれ合いパートナーになるまでは呼び捨てにするのはやめておきましょう。

 『敬語+さん付け』はマッチングアプリで相手に好印象を与える言葉遣い

マッチングアプリで相手に好印象を与える言葉遣いですが『敬語+さん付け』これ以外ありません。

「当たり前じゃない?」と思うかもしれませんが、そうです。当たり前なんです。

『多くの人が当たり前だと思っていることが出来ない=悪い印象』となってしまうのです。初対面の人とのやり取りでは、タメ口や呼び捨てなど尖った言葉遣いは絶対にしないようにしましょう。

しかし、これはあくまで初対面の人との最初のやり取りについてです。

メッセージのやり取りをたくさんして、デートまでしているのに、いつまで経っても敬語で話していては『全然距離が縮まらない』と逆に不満に感じる人います。むしろそう感じる人がほとんどです。

相手との関係を深めるためにも、タイミングを見計らって敬語からタメ口へ移行しましょう。

相手と距離を縮めるためにもタイミングを見計らって敬語→タメ口へ移行しよう

相手と距離を縮めるためにも、敬語→タメ口への移行は必須事項。では、どのタイミングで移行したら良いのでしょうか?

タメ口へ移行するタイミング
・ある程度やり取りをしたら
・連絡先を好感する時
・最初のデートor2回目のデートで徐々に

ある程度メッセージのやり取りをしているならば、あとは自分と相手の気持ち次第です。

いきなり会話全てをため口にするのではなく、最初はタメ口と敬語を混ぜて会話すると良いでしょう。

「それ私も見た!めっちゃ面白いですよね!」

「私は〇〇が好きだなー!〇〇さんは何が好きですか?」

のように、自分のリアクションについてはタメ口、相手へ話しかけるような内容なら敬語にして、徐々に完全タメ口へ移行するとスムーズに切り替えることができます。

自然に切り替えるのが難しいなら、連絡先を交換する時や、初デートや2回目以降のデートなど、節目のようなタイミングで「お互い敬語やめませんか?」と提案してみるのもいいですよ。

敬語からタメ口に切り替える方法については、こちらの記事で詳しく解説しているので、気になる人は是非参考にしてみてください。

まとめ

マッチングアプリでいきなり相手を呼び捨てにしたり、タメ口を使うのは絶対にやってはいけません。

相手に悪い印象を与えない、良く思ってもらいたいなら『敬語+さん付け』を選ぶのがベストです。しかし、それだけで好印象を持ってもらうのは正直難しいです。

例えば「この度はマッチングして頂き誠にありがとうございます。プロフィールに記載されてましたが、〇〇という趣味をお持ちなんですね。珍しい趣味だと言われることは多くありませんか?実は私も同じ趣味を持っており・・・・」

確かに敬語を使ってはいますが、こんなメッセージを送ってこられても堅苦し過ぎて困っちゃいますよね。むしろ悪い印象さえ抱いてしまいます。

結局のところ、好印象を持ってもらうには自分の持っている引き出しとか、話の展開の仕方のほうが重要なんです。

初対面の人に『敬語+さん付け』で会話をするのは当然のこと。更に好印象を持ってもらうために、『相手に楽しんでもらうにはどうしたら良いか?』と試行錯誤することが大切ですね。

 

マッチングアプリで使ってはいけない禁句集についてまとめた記事もあるので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました